]
キャンプ道具

【シュラフ・寝袋】我が家の結論はナンガのダウンバッグ

キャンプを始めるにあたって最初に揃える道具といえば寝袋ですよね。

ホームセンターで売っている格安のものから、ダウンを贅沢に使った高級品まで千差万別なので、初心者は何を買えばよいか分からなくなってしまいます。

ちなみに自分が初めて買った寝袋はDODの「マトリョーシカスリーピングバッグ」でした。その名の通り2枚をマトリョーシカのように重ねて使うと冬にも対応でき、連結するとお布団のように幅が広くなるので、息子と2人で一緒に入って眠ることができます。

DOD公式サイトより

 

 

キャンプを始めたばかりの頃は、まだ息子も添い寝が必要だったので重宝していたのですが、息子が一人で眠れるようになると、収納サイズの大きさが気になって、買い替えを検討するようになりました。

長く使える寝袋の選択肢は?

せっかくなので次は長く使えるものが欲しい。道具も増えてきたのでコンパクトにまとまるダウンシュラフが欲しい。比較的温暖な九州でのキャンプ中心なので極寒性能は不要、3シーズン使えてそれなりに保温性が高いものが欲しい。

そんな条件で探していると、ダウンシュラフ界(?)には「ナンガ(NANGA)」「イスカ(ISUKA)」「モンベル(mont-bell)」という3大ブランドがあることを知りました。

色々調べていくなかで、生地とステッチの工夫でストレッチ性があるのが気になり、モンベルの「ダウンハガー650#2」をずっと第一候補として検討していました(初めてのマミー型なので寝苦しいのでは?という不安があったこともあり)。

対抗馬はナンガの「ダウンバッグ350std」。価格帯も保温性もほぼ同じ。重量はナンガに分があるようです。

しかしどちらも2万円オーバー。

ダウンシュラフは暖かくコンパクトに収納できますが価格が高いのがデメリット。正直出費が痛い…。

モンベル
「アルパインダウンハガー650 #2」
ナンガ
「ダウンバッグ350std」
リミット温度-3℃-5℃
コンフォート温度2℃0℃
フィルパワー650FP650FP
重量1,009g790g
価格¥22,500+税¥23,500+税

ABOUT ME
enlarge
enlarge
福岡在住。一人息子とキャンプを始めて3年目の初心者キャンパーが、キャンプの記録やキャンプ道具に関わる物欲のあれこれを記録しています。 FacebookとTwitterでブログ情報を更新していますのでフォローミー!