]
キャンプ道具

憧れのシアターキャンプ!モバイルプロジェクター「Nebula Capsule」をゲット!

どうもおはこんばんちは!enlarge(えんらーじ)です。

実はおいどん、以前からずっと憧れていたキャンプスタイルがあります。

それは…シアターキャンプ

そう、キャンプに行ってわざわざ映画を観るアレです。

「おい、オマエはキャンプに何をしにいっているんだ」と小一時間問い詰められるのは承知で、キャンプで映画っていいなあと思っていました。

シアターキャンプの醍醐味とは

そもそもキャンプの醍醐味は「非日常性」にあります。

都会の喧騒を離れ(いや、住んでるのは結構田舎ですが、笑)

自然の中で食べるからカレーがうまい。

自然の中で飲むからコーヒーがうまい。

それなら自然の中で見るから映画だって沁みるはずなんです。

 

プロジェクターを持ち込んで、木にロープでもひっかけて布でも垂らせば簡単に野外映画館、いや格好良くいえば

「星空映画館」

の完成!

  • 子どもたちが寝る時間まではアニメ上映
  • 大人の時間は焚き火にホットワインでしっぽり映画鑑賞
    (世代のMV流しっぱなしにしてBGM代わりもよし)

良くなくないですか?

絶妙に大人のこなれた遊び感、そこはかとなく気取ったいやらしい感じ(爆)で憧れますよね。

そういうわけで以前からシアターキャンプに持ち出せるようなプロジェクターを探していたのでした。

プロジェクターの条件

シアターキャンプに使用するプロジェクターの条件は下記の通り。

  1. 内臓バッテリーで映画一本分は駆動する(めやす4,000mAh以上)
  2. iPhoneから映像を無線でミラーリングできる
  3. 本体スピーカーである程度の音量が取れる

電源サイトを借りなくても使用できるよう、内臓バッテリータイプのいわゆる「モバイルプロジェクター」であること、映像のソースは別途DVDプレーヤーなど用意せずiPhoneからのミラーリング、また単体である程度のスピーカー機能を備えていることが必要条件でした。

逆に、キャンプ場で日が暮れてから手軽に楽しむ利用シーンを想定すると、明るさや解像度はさほど重視しなくてOK。あくまでキャンプ場での「遊び道具」と割り切ります。

Ankerの「Nebula Capsule」をゲット!

条件を全て満たすモバイルプロジェクターとして以前から注目していたのが、モバイルバッテリーでお馴染み「Anker」の「Nebula Capsule」。

先日ボーナスが入ったことを良いことに、奥さんにLINE。

ねえ、モバイルプロジェクター買っていいと思う?

すぐに既読。しかし返事なし……。

よし、買って良いということだな(なんでだ!笑)

ということでAmazonでポチってしまいました。

開封の儀

とてもしっかりしてオシャレな箱に入っています。

フタを開けると、そこには「シアターキャンプを楽しむ外人カップル」の写真が。

なんだかテンションが上がってきます。

ご開帳。継ぎ目のないアルミニウムボディでなかなか高級感があります。

iPhone5と並べてみました。コンパクトなサイズ感が分かると思います。

円柱形でちょうど350ml缶と同じサイズ。

上から見たところ。

上:プロジェクターモード、BTスピーカーモードの切り替え

右と左:音量

下:電源

割り切ったシンプルなインターフェース。

左がMicro USB(充電&データストレージ)

右がHDMI 1.4(最大1080p入力)

本機の魅力をご紹介

Android 7.1搭載

実はこのプロジェクター、Android7.1を搭載しています。

Google Play ストアには対応していませんが、サードパーティストアでPrime Video、Netflix、YouTubeなどをダウンロードし、本機単体でアプリを使用した動画再生が可能。

息子がいたく感動し、毎晩天井に投映してPrime Videoでワンピースの上映会が開かれております。

360°全方位スピーカー&Bluetoothスピーカーモード

モバイルプロジェクターのスピーカーはしょぼいものが多いようですが、本機は360°全方位に音が出るスピーカーを備え、音量・音質もなかなかのもの。

さらにBTスピーカーとしても使用可能。キャンプ場なら昼間はBTスピーカー、夜にはプロジェクターと1台2役で活躍してくれます。

5200 mAhのバッテリー容量

ローカルコンテンツ再生4時間、Wi-Fi経由再生で3時間、BTスピーカー再生で30時間と充分なバッテリー容量。さすがAnkerです。

ミラーリング対応

自宅なら同じWi-FiにつなげればiPhoneの画面をプロジェクターにミラーリングできます。Netflixなど著作権管理されたものはミラーリングできないので、本体のアプリ側で再生する必要あり。YouTubeやiPhone内の動画、写真、ゲームアプリなどは出力可能です。

屋外で使用する場合はiPhoneのテザリングをONにして、本機をネットワーク接続し、ミラーリングすればOK。

プロジェクターとしての実力は

自宅のデッキの壁に投映

 

ディスプレイ表示技術:0.2インチ FWVGA DLP
解像度:854 x 480
輝度:100 ANSI ルーメン
ランプ寿命:約30000時間
アスペクト比:16:9
スローレシオ:100 in @3.08 m; 80 in @2.46 m; 60 in @1.73 m; 40 in @1.15 m
オフセット:100 %
フォーカス調整:マニュアル
プロジェクションモード:前面 / 背面 / 天井(前面) / 天井(背面)
キーストーン補正:オート(±40度対応)

輝度は100ルーメン。基本的に夜間でなければ使用に耐えられない明るさですね。

100インチサイズの投映まで対応とありますが、明るさと画質のバランスから80インチくらいまでが良さそう。

自宅でガンガン使うプロジェクターを探している方にはまったくオススメしません。

我が家の場合は、電気を消した寝室での天井への投映、もしくはキャンプ場での使用の2点しか考えていないので必要充分です。

一方で854 x 480という解像度は、フルHD〜4Kに慣れた目からすると物足りなさを感じるかもしれません。感覚的にはDVD画質相当と思ってください。

まあ、そもそもキャンプ場で画質を求めるニーズはないと思いますが。

まとめ

映画一本分以上の再生が可能なバッテリー容量、持ち運びやすいコンパクトなサイズ、BTスピーカーとしても使用でき、自宅ではWi-Fiにつなげて、屋外ではテザリング経由で動画を楽しめる。

39,800円という価格もふくめ、非常にトータルバランスの取れたモバイルプロジェクターだと思います。

通常のプロジェクターと違い手軽に持ち出せるため、キャンプに限らずお出かけのお供にピッタリ。

我が家は先日、長崎旅行に行ってきたのですが、ホテルの夜はずっと息子とワンピース上映会でした(笑)。

今のところシネマキャンプの実戦投入はまだですが、キャンプ仲間に購入を伝えたところ、みんな異常にテンション上がっておりました。

映画も良いですが、同世代が集まった際には昔好きだったバンドのPVやライブ映像をYouTubeで流しまくる会も楽しそう。次のキャンプが楽しみでなりません。

キャンプ場では、くれぐれも周りに迷惑をかけない範囲で楽しみましょう

■佐賀の波戸岬キャンプ場で、シネマキャンプデビューしてきました!

【佐賀・唐津】リニューアルした波戸岬キャンプ場を徹底攻略!遅ればせながら新年明けましておめでとうございます。 enlarge(えんらーじ)です。 マイペースで何かネタがあったときは…とい...

 

明るさが150ルーメンになった新Verもあります。

 

 

▼ブログランキング参加中!
励みになります。気に入った頂けた方はクリックお願いします!
にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ  

ABOUT ME
enlarge
enlarge
福岡在住。一人息子とキャンプを始めて3年目の初心者キャンパーが、キャンプの記録やキャンプ道具に関わる物欲のあれこれを記録しています。 FacebookとTwitterでブログ情報を更新していますのでフォローミー!