]
キャンプ道具

DODの「バッグインベッド」は理想的なコット

今年に入ってドッペルギャンガーからブランド名を変更し、ユニークなアイテムを次々投入している業界の風雲児(?)的な存在のDOD。

ほんの5年くらい前までは、安くてポップで品質はまあそれなりの初心者向けメーカーというイメージだった気がするけど(すいません)、カマボコテントの大ヒットもあり、今やすっかりオシャレキャンパーのハートをがっつり掴んでいるようだ。

写真は先日のアウトドアデイジャパンで展示されていたタケノコテント。

 

我が家もDODのアイテムはいくつか持っているのだが、中でもお気に入りなのが「バッグインベッド」。
その名の通りバッグの中に入れれるくらいコンパクトで軽量なローコットである。

DOD公式サイトより

我が家のコット選び

我が家の車はフォレスターなので、それほど車載能力が高いわけではない。
オートキャンプだからといって持っていくギアは厳選する必要がある。

そこで我が家がコット選びで重視したのは下記の4点。

  1. コンパクトになる
  2. 組立が簡単
  3. できれば10,000円以内
  4. テントがコンパクトなので圧迫感のないローコット

軽量のローコットといえばすぐに思い浮かぶのは「サーマレスト」

サーマレスト公式サイトより

 

そして「ヘリノックス」

ヘリノックス公式サイトより

 

いずれも素晴らしい商品だがいかんせん

高すぎる。

いずれは息子と2台並べてコット寝をしたいので却下却下。

バッグインベッドは色味も好みだし、お値段も実勢価格で1万円弱とお値打ち。
ほとんど迷うことなく決定した。

コットを買った感想は

コットというとキャンプにおいては「無くても特に困らないギア」である。
大抵のファミリーキャンパーはマットを引いた上に寝袋で就寝スタイル。
人数が多い場合は理にもかなっている。

しかし、我が家は息子との2人キャンプ。
「コット寝」という、何となく玄人感漂うワードに憧れを禁じ得なかったのも事実。

もしかして無用の長物になるのでは…
キャンプギアの黒歴史入りするのでは…

そんな不安もあったが、結果としてコット購入は

大正解。

まず寝る時の快適さがマットの上とはまったく違う。
適度なテンションで心地よく沈み込み、地面のコンディションの影響も受けない。

昼間はこのように子どもの定位置となる。

お父さんのお昼寝にも最適。

そして夜にはコットに寝ころんで満点の星空観察。
これが本当に感動的だった。
(写真がなくて申し訳ない)

グルキャンでコットをそこらに置いておくと、大抵気づくと子どもが四人ばかりコットに乗って遊んでいる。
(対荷重は120キロだが、ベンチではないので注意。いつも丁重に降りてもらってます)

なくても困らない。

けどあると楽しい、気持ちいい。むしろ今やないと困る。

この夏はもう一台購入して高原キャンプで息子と2人コット寝をしてやろうと目論んでいる。

▼ブログランキング参加中!
励みになります。気に入った頂けた方はクリックお願いします!
にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ  

ABOUT ME
enlarge
enlarge
福岡在住。一人息子とキャンプを始めて3年目の初心者キャンパーが、キャンプの記録やキャンプ道具に関わる物欲のあれこれを記録しています。 FacebookとTwitterでブログ情報を更新していますのでフォローミー!