]
キャンプ道具

KIKKERLANDの折り畳み式コーヒードリッパーがキャンプで映えすぎる件

どうもおはこんばんちはenlarge(えんらーじ)です。

1月4日の波戸岬キャンプ場以来、キャンプは出撃待機中ですが、例によってギアは着々と買ってしまっています。

先日Cross Orangeで購入したasobitoのコンボクッカーケース。

コンボクッカーは重い上に持ち運びしにくいので良いケースはないかと探していましたが、こちらは帆布製にパラフィン加工を施して、頑丈かつ防水性も合わせ持ったケース。

良い感じで経年変化して馴染んでくれそうです。

 

それと、オレゴニアンキャンパーのグローブ。

柔らかくて手に馴染んで良い感じ。からし色のカラーもステキ。

そんななか、今回はギミックもビジュアルも格好良過ぎるコーヒードリッパーを見つけたのでご紹介します!

キャンプのコーヒードリッパーといえば

キャンプで淹れるドリップコーヒーのおいしさは異常なことで有名ですよね。

手軽にインスタントでもアリっちゃあアリですが、やはり儀式としては豆からミルして、丁寧にドリップしたコーヒーこそが至高。

そこでコーヒー道具にもこだわりたくなってしまいます。

はじめてキャンプに持っていったドリッパーはこちら

要するに家で使っていたドリッパーですね。

もちろんおいしく淹れられますが、コンパクトとは言えないのでキャンプ用のものを買い足しました。

お馴染み、ユニフレームの名作コーヒーバネットです。

ご存じの通り、本体がバネのようになっていて、薄く収納することができるのが特徴。

良くできたギミックで、キャンプでコーヒードリッパーといえばこれしかない!というくらいの定番です。

KIKKERLANDの折り畳み式コーヒードリッパーがイケメンすぎる

ユニフレームのコーヒードリッパーには満足していたのですが、Cross Orangeでぶらぶら物色していた時に見つけてしまったのがKIKKERLANDの折り畳み式コーヒードリッパー。

まず見た目がイケメン。ブラス(真鍮)製で、ワイヤーを組み合わせたような独特なデザインも男心をくすぐります。

しかしコイツの真価は折り畳みができる点にあります。

コイツが

こうなって

こうなるんです。

いやん!折り畳んだ後のデザインも格好良い!

ペーパーフィルターをセットしてドリップすれば至福の一時!

底が水平なので形状的にはカリタ式の方が良いのかもですが、ハリオの円錐状フィルターで全然淹れられます。

まとめ

おいしいコーヒーを淹れるという点では、ユニフレームのコーヒーバネットは必要充分な商品。むしろ携帯性という点では非常に優れているとすら言えます。

しかし結局のところキャンプギアは嗜好品。

使っていてテンションが上がるか、なんだか嬉しいか、身もふたもない言い方をすれば「映えるか」という点は、個人的には超重要ポイント。

それ、意味あるの?

という嫁の突っ込みは華麗にスルーしつつ、KIKKERLANDのコーヒードリッパーに一目ぼれしてしまいました。

まだキャンプには連れて行っていないので、次のキャンプではこいつでおいしいコーヒーを淹れたいと思います。

▼ブログランキング参加中!
励みになります。気に入った頂けた方はクリックお願いします!
にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ  

 

ABOUT ME
enlarge
enlarge
福岡在住。一人息子とキャンプを始めて3年目の初心者キャンパーが、キャンプの記録やキャンプ道具に関わる物欲のあれこれを記録しています。 FacebookとTwitterでブログ情報を更新していますのでフォローミー!