]
キャンプ道具

ユニフレームのツインバーナーUS-1900を徹底解説

キャンプを始める時、最初に揃える道具があります。

テント、チェア、ランタン…。

キャンプ場で一晩を過ごすには最低限の装備というものがありますよね。

さて、果たしてその中にツーバーナーは入るのでしょうか?

ツーバーナーは本当にキャンプに必要なのか問題

キャンプをいざ始めようと思い立った時、必要な道具を買いそろえていくと思ったより費用がかかりますよね。

そんな中、最初からツーバーナーを購入する人は少ないかもしれません。

自宅のカセットコンロでも代用できるし、先に焚き火台やバーベキューコンロを購入した人は、炭火で料理することもできます。

そもそも、キャンプは不便さを楽しむものであって、自宅のキッチンのような便利な2口コンロなどは邪道と仰る方もいらっしゃるかもしれません。

ひと言いわせてください。

くそくらえ

(嘘です、ごめんなさい)

確かにキャンプは不便さを楽しむものという意見も分かります。自分もソロならそういうスタイルに憧れもします。

しかし、ファミキャンにおいて「効率」というのは、時にすべてに優先されるもの。

テントを設営し、子供を遊ばせ、食事を作り、お風呂に入れて寝かしつけ。

ファミキャンの一日はそんな風に慌ただしく過ぎていくもの。

ご飯を炊き、料理を作り、お湯を沸かす。キャンプ先でも手早くおいしい料理を作りたいなら、ツーバーナーは必須。これが僕の結論です。

CB缶のツーバーナーを検討

実際、自分は最初のキャンプからツーバーナーを用意し、これまで20回以上キャンプに出かけてきましたが、その全てでツーバーナーは大活躍してきました。

バーナーはガソリンを燃料とするタイプと、ガスを燃料とするタイプに分かれます。またガスにもOD缶とCB缶、ふたつのタイプがあります。

我が家は同時にSOTOのCB缶タイプのランタンを購入していたので、燃料はCB缶の一択。

ツーバーナー購入を検討していた時期、選択肢はそれほど多くなく、SOTOかユニフレームかで検討しました。

【SOTO】ハイパワー2バーナー ST-525

●外形寸法
幅580×奥行360×高さ95mm (収納時)
●重量
5.1kg(本体のみ)
●発熱量
3,200kcal/h(レギュラーガス)
4,200kcal/h(プレミアムガス)
●価格 14800円(税別)

【ユニフレーム】ツインバーナー US-1900

●外形寸法
540×325×115mm (収納時)
●重量
3.9kg
●発熱量
3,000kcal/h(レギュラーガス)
3,900kcal/h(プレミアムガス)
●価格 20000円(税別)

最終的に、ステンレスのアタッシュケース的な外観に惹かれ、ユニフレームのツインバーナーUS-1900を購入。以降、キャンプの良き相棒として活躍してくれています。

ユニフレームのツインバーナーUS-1900を徹底解説

ユニフレームのUS-1900はオールステンレスのため、軽く、掃除もしやすいツーバーナーです。

色々ステッカーを貼っていますが、外観はこんな感じでパッと見ステンレスのアタッシュケースのような感じ。クールですね。上部に引き出し式のハンドルが付いているので持ち運びも簡単です。

下部にこのようにCB缶の取り付け口があります。

茶色いプレートは銅製のパワーブースターです。コンロの熱を熱伝導が良い銅のプレートを通してCB缶に伝え、出力の低下を防ぐ仕組みになっています。

CB缶を上部の取り付け口に合わせ、下の引っ掛ける金具で固定します。

フタを開け、左右の風防を取り付ければ使用可能。ちなみに風防はすべて取り外せるので大きな鍋を載せることもできます。

左右にガスの出力調整ツマミ(イコール火力調整ツマミ)と点火ボタンがあるので、使用する時はツマミを左に回してから点火ボタンを押せばOK。

五徳は波状の形をしていて、鍋などを置きやすいです。

汁受けもオールステンレスで、かつ前方に傾斜しているので、液体など汚れが前方に集まる仕組み。掃除も非常にしやすいです。

撮影が昼間だったため、点火しても全く炎が写真に写らなかったので、点火のイメージがなくてすいません…。

まとめ

ユニフレームのUS-1900は、軽く頑丈でスタイリッシュなツーバーナー。お値段もそこそこしますが、買って後悔はしないと思います。

すでに20回以上使用していますが、火力も申し分なく、使い勝手抜群なのでツーバーナー選びで悩んでいる方にもオススメできる商品です。

ちなみに今なら、SOTOの新作ツーバーナーGRID ST-526と悩むところ。業務用を思わせるシンプルなステンレスのツーバーナーで、CB缶を横にして装着するため薄く、机の上などでの調理にピッタリ。

ただ火力が2,500kcal/hと少々頼りないのが難点なので、後は実用性と見た目で天秤にかける形でしょうか。

キャンプ歴1年半の初心者キャンパーが現在の1軍ギアを紹介します2017年の3月からキャンプを始めた我が家。 嫁がキャンプに行かない(バレない)のを良いことに、この一年半さんざんキャンプ道具に浄...

▼ブログランキング参加中!
励みになります。気に入った頂けた方はクリックお願いします!
にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ

ABOUT ME
enlarge
enlarge
福岡在住。一人息子とキャンプを始めて3年目の初心者キャンパーが、キャンプの記録やキャンプ道具に関わる物欲のあれこれを記録しています。 FacebookとTwitterでブログ情報を更新していますのでフォローミー!