]
キャンプ道具

キャンプの調味料入れには「GoStak(ゴースタック)」がいい感じ

キャンプのキッチン周り、カトラリーや調味料入れ、調理道具で大活躍するものといえば100円ショップのアイテムですよね。

最近はオシャレなデザインも増えてきたし、一概に安かろう悪かろうとは言えないようになってきました。

我が家でも調味料入れや薬味おろし、トレーにおたまに菜箸にと、たくさんのキッチン道具で100円ショップのものを使用しています。

自宅のキッチン道具を兼用しているご家庭もあるでしょうが、我が家はキャンプ用はキャンプ用と完全に分けているため、経済的にも100円ショップには助けられています。

ビバ!100円ショップ!

 

しかし、一方で「なーんかテンション上がらないよなあ」と感じるのも事実。

自分はキャンプに行くと(行かなくてもですが)ほぼ必ずスパイスからカレーを作るので、多くのスパイスを持参していきます。

これはキャンプを始めてからずっと使っている100円ショップで買った調味料入れ代わりの容器。左がガラムマサラ、右が沖縄の海塩ですが、塩化ビニル特有の色移りする感じとか、気密性が甘いところとか、使えないわけじゃないけど満足はしていないのが正直なところ。

ということでキャンプで使う調味料入れをずっと探していました。

ようやく出会えた理想の調味料入れ

山岳メーカーのものは容量が少なすぎるのと、仕様的にも用途が合わず、なかなかこれというものに巡り合えなかったのですが、ようやく出会ったのが「GoStak」というブランドのコンテナ。

ドレッシングなど液体を入れても漏れないくらい気密性が高く、色移りもしづらい、匂いも漏れない、まさに理想的なコンテナです。

個人的に気に入っているのは開口が広い点。

主な用途がスパイスの保管なので、計量スプーンをそのまま入れることができるのがポイントで、非常に使いやすいです。

また、この商品の特徴としてこーんな風にコンテナ同士を連結できてしまいます。

キャンプ用途を考えるとこれもナイスポイント。

ただでさえゴチャゴチャになりがちなキャンプのキッチン周り。収納する際もスマートだし、カラーバリエーションが豊富なので表に出してもオシャレです。

またサイズ展開も豊富で、150cc、100cc、60cc、40ccと4種がラインナップ。

今回購入したのは60ccですが、調味料入れはもちろん、保存食入れやコーヒー豆のキャニスター代わりなど相当幅広く使えそうなので、これから使用用途に合わせて少しずつ買い足していこうと思います。

 

 

▼ブログランキング参加中!
励みになります。気に入った頂けた方はクリックお願いします!
にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ

ABOUT ME
enlarge
enlarge
福岡在住。一人息子とキャンプを始めて3年目の初心者キャンパーが、キャンプの記録やキャンプ道具に関わる物欲のあれこれを記録しています。 FacebookとTwitterでブログ情報を更新していますのでフォローミー!