]
キャンプ道具

日本最大級のアウトドアショップ「アルペンアウトドアーズ」が福岡にやってきた!

どうも、おはこんばんちは。enlarge(えんらーじ)です。

寒い日が続いていますが気づけば2月も後半へ。いよいよ春のキャンプシーズンが目の前に迫ってきていますね。

当ブログも11月〜1月はぐっとアクセスが落ち込んでいましたが(お前が休みの日もゴロゴロして記事を更新しないからとちゃうんかい!)、2月に入ってまたブログを見に来てくれる方が増えてきているようです。

冬キャンプがブームとはいえ、ほとんどのファミリーキャンパーにとっては家族の健康と、手持ちの防寒道具を考えると、まだまだ冬キャンは敷居が高いはず。

3月4月の春から本格的にシーズンインというご家庭が多いでしょう。

春キャンプの準備中に飛び込んできたビッグニュース

さて、キャンプを再開するにあたって、やはりニューギア投入は楽しみのひとつですよね。

我が家も現在、福岡のショップを絶賛巡礼中です(昨日もマリノアタウンでLOGOS SHOPとA&Fを巡り、前から気になっていたGSIのキャンプ用食器をゲットしてきました)

 

この時期いろいろお店やネットで次のキャンプ道具候補を吟味中かと思いますが、ここに来てただでさえ高まっている物欲地獄に着火して火吹き棒で風を送り込むようなビッグニュースが飛び込んできてしまいました。

そう、あのアルペンアウトドアーズ(Alpen Outdoors)が全国一挙6店舗オープン!

そして、我が福岡にも「Alpen Outdoors FLAGSHIP STORE福岡春日店」がやってくるのです!!

(2019年5月5日加筆。実際にお店を訪れたので、ブログの最後にレポートを追記しました)


Alpen Outdoors(アルペン アウトドアーズ )とは

Alpenグループが展開する、キャンプ・登山などアウトドアに特化した「体験型アウトドアショップ」。2018年に開業したAlpen Outdoors春日井店は160ブランド・5万点の品揃えを誇る日本最大級のアウトドアショップで、県外からもキャンパーが訪れる新聖地となっている、らしい。

アルペン アウトドアーズ福岡春日について調べてみた

アルペンのプレースリリースによると今年3月〜6月にかけて順次6店舗がオープン。

福岡は春日市に4月オープンとなるようです。

※4月26日オープンと発表されました!(3/9更新)

キャンプ全般の「Outdoors」、登山用品の「Mountains」と業態が分かれていますが、福岡春日店はAlpen Outdoorsの「FLAGSHIP SOTRE」(旗艦店)と位置づけられていることから、かなり気合いが入っている様子。

1号店である愛知の「春日井店」は160ブランド・5万点という圧倒的な品揃えから、キャンパーに「モンスター店舗」と呼ばれているらしいので、福岡春日店にも否が応にも期待が高まりますね。

福岡のキャンプ・アウトドア用品店は「Cross Orange」のような個性のある品揃えの店や、ヨドバシカメラ地下フロアのような量販系店舗はありますが、「アルペンアウトドアーズ」や「WILD-1」のような専門の大型店舗は弱かったので、かなり集客も見込めるのではないでしょうか。

福岡のキャンプ・アウトドアショップ おすすめ10選皆さんは普段どこでキャンプ道具を購入されていますか? ネットでポチれば何でも翌日には自宅に届く昨今、自分もナチュラムやAmazon...

下記は春日井店の取り扱いブランドの一部。

どちらかといえば初心者向けの品揃えのイメージでしたが、アパレルから国内・海外ブランドまで幅広くカバーしている印象ですね。

春日井店を訪れたことがないので分かりませんが、いわゆるガレージブランド系をどの程度までカバーしているかが個人的には気になるところ。

福岡春日店も基本は春日井店に準じた品揃えになると思いますが、地域性が出てくると面白いですよね。

アルペンアウトドアーズ春日井店より

 

「体験型アウトドアショップ」と名付けられている通り、春日井店ではかなりの面積をテント等の展示スペースに割り振っているようです。

スノーピークやロゴス、コールマン、小川テントなどは福岡でも設営した実物を見れる店舗があるため、それ以外のメーカーのテント設営(nemoとかnemoとかnemoとか)、あるいは普段なかなか拝めない大型の2ポールシェルターの実物などが見られるチャンスになると良いですね。

お店に行ってきました!

(2019年5月5日加筆)

ありがたいことに、現在当ブログでこの記事が1番アクセスが多い状況です。

やはり福岡で初となる超大型ショップだけに皆さんの関心も高いようですね。

というわけでオープンしたアルペンアウトドアーズフラッグシップストア福岡春日店に実際に行ってきましたので簡単にレポートをお届けします。

インプレッションレポート

まず、気になるのは駐車場。

立地的にほとんどの方が車で訪れると思いますが、店舗の駐車場は相当広いです(近隣の商業施設と共有の駐車場)。

普段なら余裕の収容台数かと思いますが、何しろオープン直後だけに車でギッシリ!何とか駐車してさっそくお店に向かいます。

デカイです。

公式サイトいわく「売り場面積1,200坪、350ブランド、8万点以上を取り扱う超大型アウトドアショップ」とのこと。

1階が登山用品を中心に、カヤック・SUPや自転車などを取り扱い。

キャンプ用品は2階になります。

エスカレーター上がって、ざっくり右手がファッション関連のフロア。左手がキャンプ用品のフロア。

店内広過ぎてレポートがとんでもないボリュームになりそうなので様子をお伝えするために写真だけ載せていきたいと思います。

コーヒー関連売り場
チャムスコーナー
スタンレーコーナー
ペンドルトンコーナー
焚き火関連
チェア周り
ボトル
LODGE(ロッジ)
オレゴニアンキャンパー
テントコーナー
ヒルバーグ、ノルディスク、ローベンス、ノースフェイス、ニーモ、テンティピなど
クーラーボックス
スノーピークエリア
ロゴスエリア
コールマンエリア
テント展示コーナー
キッズエリア

 

広過ぎて息切れしそうですね。載せ切れないのでこれくらいにしておきます。

あと個人的に気になっていたガレージブランドの取り扱いですが、soto labo、ペリグリンファニチャー、ネイチャートーンズなどを見かけました。

どれも比較的大きめの店舗では良く見るブランドなので、やはりガレージブランドの取り扱いは弱いですね。

そういった買い物の際には、今後もやはりクロスオレンジが役立ちそうです。

筑紫野のアウトドアショップ「CROSS+ORENGE(クロスオレンジ)」に潜入!九州を代表するアウトドアショップ「クロスオレンジ」さんが、鳥栖から筑紫野に引っ越しをされたので、そのオープン初日に伺いました。 ク...

最後にアパレル関連ですが、いい加減写真貼りに疲れてきたので取り扱いのみ列挙します。広大な売り場で下記以外にもあると思いますがパッと見た限り。

個人的にポーラーのコーナーというのは福岡で初めて見ました。

  • パタゴニア
  • ノースフェイス
  • コロンビア
  • キーン
  • ミステリーランチ
  • チャムス
  • ポーラー
  • グラミチ
  • ケルティ

まとめ

アルペンアウトドアーズフラッグシップ福岡春日店。

旗艦店の名に恥じない超大型店舗で、これでもか!というくらいの品揃えはさすがのひと言。

福岡でもキャンプ人気の高まりを感じる昨今、実物を見て触って検討できる超大型店舗の出現によって、「これからキャンプを始めよう!」という初心者、ファミリーキャンパーがますます増え、キャンプ熱が高まりそうな予感です。

 

Alpen Outdoors FLAGSHIP STORE 福岡春日

住所:福岡県春日市星見ケ丘6-63

Web:https://www.alpen-group.jp/store/outdoor/fukuokakasuga/

 

▼ブログランキング参加中!
励みになります。気に入った頂けた方はクリックお願いします!
にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ  

 

ABOUT ME
enlarge
enlarge
福岡在住。一人息子とキャンプを始めて3年目の初心者キャンパーが、キャンプの記録やキャンプ道具に関わる物欲のあれこれを記録しています。 FacebookとTwitterでブログ情報を更新していますのでフォローミー!