]
キャンプ記録

【四季の里旭志(熊本・菊池)】熊本の高規格キャンプ場で暴風に襲われた件[2018.5.19〜20]

春キャンプ第2弾は熊本の「四季の里旭志キャンプ場」。
ここは温泉施設、レストラン、動物ふれあい広場まである高規格キャンプ場。
福岡市内からは2時間弱。九州道を下り、植木ICを降りて40分程で到着です。

サイトはオートサイト(電源有無)、フリーサイト、ウッドデッキサイトには常設テントも。しかも常設テントはなんとノルディスクのアスガルド。

今回、我々が泊まったのはグループサイト。

一区画12m×21mの広々としたサイトで3組くらいのグループキャンプにピッタリ。
今回は5家族でグループサイトを2区画使用してのグルキャンとなりました。

下の案内図だと右下のD1〜D4までがグループサイト。

四季の里旭志公式サイトより

 

すぐ近くにはキレイに掃除されたトイレ。
(男性トイレは大にひとつ洋式トイレがありました)

炊事場もとてもキレイ。

そんなわけでさっそく設営開始。

日差しが強く風が気持ちよかったのでポルヴェーラ+タトンカ2TCのコンビでセッティング。

のどかな自然の中、まったりと始まった今回のキャンプ。

しかし、これから試練が待ち受けているとはこの時は誰も知る由もなかった…。

日も傾き始め夕食の準備。

今回はスペアリブのトマトスープカレーに挑戦。

クミンを油で炒めて香りを出し、大量の玉ねぎを投入。
茶色く色づいたらにんにくとショウガを加えて青臭さが無くなるまで炒める。

さらにざく切りトマトを加えて水分を飛ばしたいところですが、何しろ5家族分を作っているので飛ばしきれない。

やむを得ずコリアンダー、ターメリック等のパウダースパイスとカレー粉をインして粉っぽさが無くなるまで炒め、あらかじめ別に焼き目を付けておいたスペアリブを投入。水を加えてバジル、パセリを散らし煮込めば完成。

煮込み時間が足りずスペアリブがホロホロとはなりませんでしたが、まずまずの出来。

しかし、ここら辺から不穏な空気が漂い始める。

どんどん風が強くなりタープがしなり始め、お隣のタープがついに崩壊(爆)。

慌てて全員タープを撤収。

日も暮れて場内のお風呂場へ。
(本来は天然温泉だけど、ポンプの故障中につき地下水を汲み上げたお風呂)

お風呂も洗い場も脱衣所も非常に広くて清潔で快適。
ぬる湯で永遠に入れそう、笑。

しかし、そうこうしている間にも風はどんどん強くなり、サイトに戻るとテントがしなって崩壊しそう(汗)。

慌ててガイロープを4本追加し風対策するも、
周りの木々がグワングワン揺れる強風で不安が募る。

本来なら子どもを寝かしつけて大人の焚き火タイムに入るところだが、焚き火なんてしようものなら火の粉が飛びまくってロケット花火みたいになりそうなので、やむを得ずチビチビと晩酌を開始。色んなものが飛んでいくので、落ち着いて飲めやしない。

早々に解散となり各自のテントに戻ったが…

とんでもない風でテントの中はお化け屋敷状態。
一度は寝た子どもも起き出し、バタバタと揺れまくる音で寝るどころではない。

あまりの恐怖に、小学生で習った「魔笛」を思い出す始末。
(お父さん、魔王が来る!)

もう無理。さすがに無理と子どもを連れて車にイン。

座席を倒してようやく就寝。
車の中は音もせず揺れもせず快適で普通に朝まで爆睡(笑)。

朝方も風が強くバーナーの火が安定せずに朝食作りに苦戦。
じゃがいもを茹でている鍋がツーバーナーごと転倒するという大惨事に見舞われるも

なんとか朝ご飯が完成。さんま、うまい。

結局、撤収時間には風が止み、昨晩の暴風が嘘だったかのように穏やかな好天に。

帰りにはふれあい動物広場で子どもたちが動物に餌やりをして大喜び。

風さえなければ…。

キャンプ最大の敵は雨ではなく、風。

そんな学びを得たキャンプでした。

さあ、来週はバルンバルンの森だ!!

 

▼ブログランキング参加中!
励みになります。気に入った頂けた方はクリックお願いします!
にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ  

ABOUT ME
enlarge
enlarge
福岡在住。一人息子とキャンプを始めて3年目の初心者キャンパーが、キャンプの記録やキャンプ道具に関わる物欲のあれこれを記録しています。 FacebookとTwitterでブログ情報を更新していますのでフォローミー!